いきなりハマったランニング

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

静岡マラソンの案内が届いてた

オリンピック始まりましたね!


個人的にはモーグルの堀島選手とハーフパイプの平野選手に期待してます。


メダルに届いても届かなくても、日本選手みんなに頑張ってほしいですね!








しょボッチ練行きたい…


色々手回ししてみたけど、どうしても都合がつかなかった…


天気が良くなっていい練習ができる事を祈ってます。


しょボッチ練には行けないけど、静岡マラソン3週間前のこの週末、どこかで30キロ走をしておきたい。


明日は雨っぽいので、日曜日の朝か月曜日の夕方かな。


ちょっと仕事が忙しいのもあって、なかなかまとまった時間を取るのは難しいなぁ。








静岡マラソンの案内っていつ頃来るんだろうな、と何の気なしに家で言ったら、「こないだ来てたからあそこに置いてあるよ。」って。


おいおいちゃんと教えてよ!


言わなかったらずっと気づかなかったかもしれないと思うと恐ろしい。





ゼッケンが事前に送られてくる大会は初めてです。


嫁さんには、前日受付に行くために宿泊するって言っちゃった。(笑)


でもマラソンのスタートが8時20分と早いので、宿泊しないと厳しいな。


せっかく前日から静岡に行くので、当日の動線を確認しがてら静岡マラソンフェスタにも寄ってみようと思います♪





あと、案内を読んでもペーサーの事がどこにも書いてないみたいなんですけど、静岡マラソンはペーサーっていないのかな?


多分ペーサーについて行くことはないと思うけど、タイムの目安としてわかりやすいですよね。





これから毎日のようにこの案内を見て、ちょっとづつテンション上げていきたいと思います♪






いつもありがとうございます!
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 

| 大会 | 23:18 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木曽三川マラソン覚え書き

ちょっと最近寒すぎませんか?


昼間陽が出てても風がめっちゃ冷たい!


こんなに気温が低い年は記憶にないぐらい寒い!


・・・っていう言い訳を自分にしながら、今日も仕事帰りにジムへ。


だって夜は特に寒いんだもん。


ジムは適温で快適すぎて、軟弱ランナーの出来上がりです。(笑)








今回は自分用メモ。


2018年木曽三川マラソン

服装

サンバイザー
サングラス
ファイントラック(ノースリーブ)
アンダーアーマーヒートギア長袖インナー
チーム50Tシャツ
CWX ハーフタイツ
ザムスト ゲイター
R×L 5本指ソックス
クラウドフロー

スタート前もそんなに寒くなく、走ってる間もちょうどよかった。

寒くなった時用にビニールポンチョをポケットに入れていたけど使わなかった。

3周目以降は風が強くなってきたけど、この大会としてはかなりいいコンディションだったと思う。



トイレ

家で1回(大)、高速のサービスエリアで1回、準備中に2回、トイレ(小)に行って、スタート前にも行こうと思ったけど、間に合いそうになかったので断念。

でも最後までトイレに行きたくならなかった。不思議。




芍薬甘草湯

攣り対策に芍薬甘草湯を買って、使用法を読んでたら、「1日2~3回服用する」と書いてあった。

普段から飲んでもいいんだ!と思い、2日前から朝晩服用して「芍薬甘草湯ローディング」をしてみた。

結構効いたのかもしれない。




マグオン

美味しかった。(笑)

今回アップルとグレープフルーツの2種類しか飲まなかったけど、あと2つにも期待。

足攣りへの効果ははっきりとはわからない。




周回コース

木曽三川マラソンは1キロごとに距離表示があるけど、1周が10.5キロのため、2周目以降はよく分からなくなる。(笑)

途中から距離表示は全然見てなくて、スタート地点と折り返し地点を基準に距離をイメージしてた。

距離を意識しなくても走れる周回コース、意外と好きかも。





Tシャツ

4年前は受付の時にTシャツを貰えた気がするけど、今回はゴールした所で配ってた。

しかし全部がLサイズのため、オッサンには小さくて着れない。

今回は黒で使いやすそうだったのになぁ。

ちなみに4年前はピンクで、嫁さんの夏のパジャマになってる。(笑)

是非次回からは他のサイズもお願いします!









にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 

| 大会 | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡マラソンに向けて再始動

強い寒波がきて雪が降る、って予報だったけど、朝起きたらめっちゃ雪が積もってた。




仕事の車に用意してた非金属チェーンを巻いて出発!



クイックイージーってやつ。


アマゾンで去年のモデルをお値打ちにゲットして密かに出番を待っていた。(笑)


装着も簡単だったし(片方2分ぐらいでできた)、しっかり効くし、いい買い物だった♪


今朝だけでも少しの坂が登れずに立ち往生する車を10台ぐらい見ました。


こんな日にノーマルタイヤでの運転は本当に危ないので、ちゃんと雪対策しましょうね~。








木曽三川マラソンから4日、今日から静岡マラソンに向けて再始動!


寒すぎるからジムで。(笑)


超ゆるゆるでジョグしただけだけど、まだ脚の奥のほうに疲れがある感じ。


まあ今週は仕方ないかな。


4時間を切ったら、満足して気が抜けちゃうかな?と思ってたけど、意外にもモチベーションを維持できてる。


思い当たる理由

・体重を落とし切れていない

去年の東京マラソンの時は71キロを切るぐらいまで絞れてたけど、木曽三川の時は74キロ台だった。

東京並みに絞れたら、もう少し走れるんじゃないかという期待感がある。


・スピード練習をしていない

10月のかもしかハーフ後に考えた練習計画は、年内は長めの距離を走って脚を作って、1月からスピード練習を取り入れるというもの。

でも 木曽三川マラソンにエントリーしたので、ここまではスピード練習をしない事に変更していた。

これからはインターバル走や閾値走を入れていく予定。


・木曽三川マラソンは公認コースじゃない

公認コースでサブ4したい。



これらの理由で、気持ちが前向きになってるんだと思います。


静岡で目標達成したら、思う存分自分を甘やかそう。(笑)








そういえば今回のマラソンでは全くトイレに行きたくならなかった。


なんでだろ?






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 



| 大会 | 23:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木曽三川マラソンレポ3 ~勝負の4周目編~

4周目に入ったところで置いてあったスポドリを飲む。


持って走ろうか一瞬悩んだけど、半分ぐらい残ってる経口補水液のゼリーとエイドで残り10キロは何とかなるだろうと、コース脇に置きなおして走り始めた。


3周目よりも強い向かい風を感じたけど、これは想定内。


正月に30キロ走った時の方が風強かったし!と自分に言い聞かせる。


ここで自分の身体の確認。


心肺は意外にもまだ余裕がある。


脚は重くなり始めてるけど、今のところ攣る気配はない。


30キロを過ぎた状態としては今までで一番余裕があるかもしれない。


ここまでの3周で貯金したタイムは約3分40秒。


残り10.5キロをキロ6=1時間3分でもギリギリ届く計算だ。


キロ6で大丈夫とはいっても、脚が攣ったら一気に厳しくなるのは東京で経験した。


あと1周だけなんとか頼むよ、と思いながら芍薬甘草湯を口に放り込んだ。






強い向かい風に耐えながら淡々と進む。


メイタンが効いているのか、あまり疲れは感じないけど、ペースは上がらない。


「折り返しまで行けば追い風になる」


「折り返しまで行けば追い風になる」


それだけを心の拠り所にして頑張る。


やっとたどり着いた4回目の折り返し地点、1周目に考えてたことを思い出した。


目標に向けて勝負できてるのが嬉しい。


折り返してからは追い風で、スピードに乗って走ってるつもりだったけど、ガーミンを確認するとあまりペースは変わってなかった。


ここで反対側にだれやねんさんを発見!


「ファイト~!」と声を出したら、少し身体が楽になった気がした。







残り2キロで最後のエイドが見えてくる。


ここでは歩いてしっかりと水分補給をしたけど、さすがに身体が重くなってきてなかなか走り出す事ができなかった。


今歩いててどうする!って頭では思うけど、身体が反応しない。


30~40m歩いたかな…


なんとか気持ちを持ち直して走り出す。


あと2キロ、遠くに見えるあの建物まで走ればゴールだ。






だんだんゴールが近づいてきて、本部での放送がはっきり聞こえるようになってきたところで、コース脇にらぴさんが待っててくれた。


「行けるよ!あとちょっと!頑張って!」と声を掛けながら並走してくれる。


最後のしんどい所で本当にありがたかった。


このコースの唯一の坂を上って、堤防に上がれば後は少し下ってゴールするだけ。


ゴール奥の時計の、3時間57分の表示を見ながらゴール!





ネット 3時間57分12秒(グロス 3時間57分45秒)



4周目 1時間00分55秒 (キロ5分47秒)







4時間を切れた嬉しさと、最後まで脚が持った安心と、エイドで歩き過ぎた後悔と、色んな感情があったけど、先にゴールされてた皆さんに口々に「おめでとう!」と言ってもらって、嬉しさがどんどん大きくなっていった。


ちょうどゴールされたえーかわさんも、結果を気にしてくれてて、ガッチリ握手をしてもらいました。


嬉しかったです。





ローラさんに撮ってもらったドヤ顔。(笑)







大会関係者の皆様、ご一緒していただいた皆様、ローカルな大会かもしれないけど、一生心に残る大会になりました。


本当にありがとうございました!








にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 


| 大会 | 23:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木曽三川マラソンレポ2 ~順調なペース編~

スタートしてすぐはちょっと混雑して走りにくかったけど、すぐにスペースに余裕ができて走りやすくなる。


1キロぐらいでえーかわさんを見つけ、少し声をかけて先に行かせてもらう。


えーかわさんは後半型だから今は抑えてるみたいだ。


木曽三川マラソンは10.5キロを4周する周回コースなので、1周を1時間以内で走れば4時間を切れる計算です。


わかりやすい。


周回コースとはいっても、一つの道路を左右に分けて往復するんではなく、細なが~い長方形のコースを走るイメージ。



往路と復路が微妙に離れてて、間に背の高い草むらがあるから、所々しか向こうが見えない。




こんな感じのコースが延々と続く。


スタート&ゴール地点以外には全くと言っていいほど人がいない。


忘れた頃にポツンと警備員の方がいるぐらい。


目印になるものすらあんまりない。(笑)


折り返しの手前ぐらいで、女性ランナーを引っ張っている感じのトライアスロンぽいウェアを着たイケメンさん(多分)が、「ずっと5分半でいくよ~。」って言ってたのが聞こえたので、10mぐらい離れて目標にさせてもらうことにした。


するとこのイケメンさんのペースがめっちゃ正確で、ほぼ5分半をキープできた。


最初の折り返し地点を通る時、「ここを4周目に通る時はどんな気持ちだろう。目標に向かって勝負できてるかな。どこかが痛くて歩いてるかもな。最後まで勝負できてるといいな。」と思った。


9キロ地点あたりで、反対側にキーキさんを発見!


手を上げてエール交換をした後、頭の中で必死に計算する。


1周で2キロちょっとの差、自分が4周目に入るまであと2周ちょっと、今のペースをキープできれば多分追いつかれないかな。


ちょっと安心。(笑)


1周目     58分34秒 (キロ5分34秒)



(周回は公式タイム、1キロ毎はガーミン)


2周目に入ったところでコース脇に置いてあるポカリのゼリーを取る。


これ、ペットボトルみたいにチャプチャプしないし、半分ぐらい飲んだらポケットに入れても気にならないので、凄くいい。


15キロで一つ目のマグオンをポケットから出す。


何が出るかな?何が出るかな?


4種類の味の中から出てきたのは「アップル」


めっちゃ美味しい♪


これは次の味にも期待できるな。



2周目     57分53秒 (キロ5分30秒)←イケメンさん凄い





3周目に入るところでイケメンさんと女性ランナーがいきなり立ち止まり、応援に来ているお仲間?のところでバナナを食べ始めた!


しゃーない、ここからは自分でペースを作って行かなくちゃ。


3周目、ドリンクの置いてあるところにハーフを走り終えたローラさんが居た。


「1時間50分切れた~♪」ってご機嫌な様子。


ハーフPBおめでとうございます!


ここでローラさんのお友達からイチゴをいただいた。


めっちゃ美味しかった♪ありがとうございます!


経口補水液のゼリーを持って走り始めると、今までなかった向かい風を感じた。


やっぱり風が出てきたか。


まずは折り返しの5キロまで、耐えて走ろう。


3周目になるとハーフのランナーが居なくなり、コース上の人影がまばらになって一気に寂しくなる。


淡々と、今までと同じペースで走っているつもりだったけど、少しずつ5分30秒に届かなくなってきた。


やっぱ疲れてきてるのかな。


25キロで、2つ目のマグオンタイム。


何が出るかな?何が出るかな?


今回は「グレープフルーツ」


これもスッキリしてて美味しい♪


そして26キロで4周目の向かい風に備えるべくメイタン投入!


これがまたマグオンの後だとマズいのなんの。


水のあるところで飲むべきだった。(笑)


3周目    59分50秒 (キロ5分41秒)




つづく

| 大会 | 23:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT